気づきやつぶやき

拮抗する内なる自分

この20日間ほど、

私は見たくないことから目をそらして

自分をごまかしていると自覚してた。

目をそらして知らないふりをしても、

どれだけ大丈夫かを試していたのかもしれない。
 
 

世界は愛と感謝と豊かさに充ちていて、

自分の望むように、

少しずつ、

きらきらしたものに変化しているのに、

どうして自分はいつも同じことで悩んでいるんだろう。

どうして同じところをうろうろしているんだろう。
 

そうすると、

内なる自分がいろいろ言ってくる。

「どうしてあんたはいつもそうなの?」

「もっと早く動けばよかったのに」

「自分のタイミングで動きたいの」

「だってしょうがないじゃない」

内なる自分は、攻撃したり防御したり

いろいろと騒々しい(苦笑
 

そのうち、

神様やご先祖様に守られているから、

きっと自分は大丈夫、なんて

とにかく何かに縋って逃げようとする。

 

そんな状態で、

「行動しなきゃ、ものごとは動かない」とばかりに

誰かに縋ることを一生懸命考えて、

人に頼ろうとする。
 

でも望んでいたものは手に入らない。

・・・・

やっぱりだめだめじゃん。

と、自己否定に走る。

 

グォーンと音を立てて、

負のスパイラルが稼働しはじめる。

最初は小さかったものが、

まるで怨霊が放つ呪縛のようになって、

グルグルグルグル・・・

もっと怖くなって動けなくなる。

スパイラルに落ちていく。

苦しくて、苦しくて、

動けないし、動きたくない。
 
 

いったい、この強固な縛りは何なのだろう?

この重い気持ちはどこからくるの?
 
 

そう、

これを書きはじめて、ようやく言葉にできた。
 

人に頼らなければ成り立たないという思い込み。

それは、依存。

手放せた!と思っていた残り。

自分を信頼しきれていないという呪縛。

 
 

逃げない。まずそこから。

腹に力を入れて、その見たくないことを見据える。

縋るべきは自分!

自分を助けるのは自分!

そう覚悟して、深い呼吸でお腹に力を入れる。

そして、なぜそれが怖いのか、

怖くなくするのはどうすればいいのかを考える。
 

よーく見ると、怨霊が放つ呪縛じゃなくて、

自分が自分を縛っているだけ。

自分が頼りない、自分が信頼できないと

思い込んでいることが、自分を縛っているだけ。
 

そう、

まわりを見れば、豊かさに溢れている世界。

私の創る私の世界は、愛と感謝と豊かさで充ちている。
 

まずは自分の足で立って、

信頼という刀で、

自分の呪縛を自ら断つ。
 
 

自分の中の共依存におびえて、

自分を信頼できない。
 

そうじゃなくて、

自分を信じて、

肩の力を抜いて、

自分の世界に身を任すこと。
 
 
 

自分は大丈夫という自信を持って、

まわりを信頼しよう。

そして、そこから生まれてくるものを、

ありがたく受け取る。

助けてもらう。

それが相互依存。

それは共依存とは違う世界。
 
 
 

矛盾に聞こえるかもしれないけど、

また言葉が変わるかもしれないけど、

それが今の答え。
 
 

気圧の変化や、体調の良しあし。

家族のこと。

いろいろなタイミングが重なって、

ちょっと弱気になっていた私。

でも、そこに自己否定を持たない!

揺れる自分は、ちょっと胆力が足りないだけ。

お腹に力を入れて、

深呼吸すれば、ね、大丈夫♪
 

すべてのできごとは、

自分に起因してるけど、

必要だからこそやってくる、いろいろなできごと。

それを自己否定に結びつけない!

そう、ほら成長してるじゃん、私♪
 

いろいろな自分が内在するのだから、

変化しようがしまいが、

どんな自分を選択してもいいんだけど、

今回のことで、

自分をごまかして目をそらすと、

具合が悪くなるほどの強烈な自己嫌悪で

動けなくなることがわかりました。
 

自分で自分を嫌ったらだめだよ。

こんなにがんばってるのに、

あまりにも自分がかわいそうよ。

うん、次からは気をつけよう。
 

自分の足で立つ。

自分を信頼する。

人を信頼する。

自分の王国を豊かにする。
 

そこがわかったのなら、

さ、行動しよう!

軸を決める

【身体は食べるものでできています】

食の大切さは、人も犬もまったく同じです。
今は、ネットでいろいろな情報が手に入ります。
情報があり過ぎて情報過多になりがちです。
何をどうすればいいのか?何を食べて何を食べてはいけないのか、正しい情報なのかそうでないのか、ものすごく迷うと思います。

「そもそも正しい食事って何?」
食事って、栄養摂取だけが目的ではないと思います。
いのちをいただき感謝することであり、「楽しい、おいしい、うれしい」そんな感情を味わうためにも、食事は大切なものです。

「このごはんに入っている栄養素は何?これは体にいいもの?悪いモノ?足りているの?汚染されてるの?」などと疑ってかかって、眉間にシワを寄せてつくるごはんは、ワンコも飼い主さんも幸せではないと思うのです。
栄養的に足りているものでも、険しい顔で疑って食べるのと、感謝して笑顔で味わって食べるのとは違いますよね。

食べることは生きること。
生き方そのものを表すものかもしれません。

なんのために食事に気を遣うの?なんのための健康?
まず自分にとっての軸を決めることが大切。

軸が決まらないと、本来手段であるはずの健康や長生きが目的化しちゃって、グルグルゆらゆら揺れたり流されたり。

健康になったら何をしたいの?
長生きしたらどうしたいの?
健康の先、長生きの先に何をしたいのか。自分がどうありたいのか。
ここが軸になります。

自分の軸を決めるには、まず「知る」こと。
自分の基準を作るために学ぶことが大事。
いろんな意見を見たり聞いたりして、自分で「判断」すること。

自分の食べるもの(取り入れるもの)を、誰かの基準で正しいか正しくないかって判断してもらうことの危うさに、気がついたほうがいいと思うのです。
この世のすべてのことがらは、矛盾(多面性)を含んでいます。
「これこそが正しい」「これは悪だ」という二極思考は、自分を苦しくします。

人はみんなそれぞれ違うもの。その人の体質も、考え方も、経験も年齢もひとそれぞれ。ひとつとして同じものはありません。
学んで試してみて、自分の体質やワンコにあったものをみつけること。

 

そして、その判断した結果を受け止める「覚悟」をもつこと。
試したことで起こる体の変化を感じる。
小さい変化かもしれないんですが、必ず身体が変わります。それを捉えること。そうすると「これでいいんだ」という自信に繋がります。

病気は、「それってちょっと違うんじゃない?」ということを自分に教えてくれる、身体のサインのひとつ。
あれ?これは違うかな?間違ったかな?と思ったら、今ここから変えていけばいいんです。
人はそれぞれ違うのと同じように、自分の中にも段階があります。過去の自分がその選択をしたとしても、その時は最善の選択をしたんです。

私の軸は「幸せ」と「笑顔」
そのために、身体に取り入れる食や情報などに気をつけています。

うちのいぬ

意識を向けるところ

【豊かなもの】
群馬県片品村というところに、お泊まりで視察に来ています。
昨年まで営業していたスキー場を有効利用するために、いろいろと方向性を探っていますが、その一つに犬のイベントを考えています。スキー場になる前は牧場だったという広大な芝生の上を、犬が思いっきり走り回れる環境は、大型犬などにピッタリ!
涼しくて、鳥の鳴き声だけが聞こえる高原の爽やかな空気を胸いっぱい吸って、視察視察と言いながらリフレッシュしています(笑)

片品村の担当の方に、こういうものを作っていますと鹿肉のオヤツをお見せしたら、花咲の湯という立ち寄り温泉施設ともう一箇所の観光施設に商品を置いていただけることになりました。なんというありがたい関係性。感謝です。

お泊まりの宿はハイジの里という、6000坪の敷地全てがドッグランという、これまた贅沢なお宿♪

先日の長野も、ここ群馬も、そして山梨も、森と空気と美味しいお水と土地の野菜が当たり前にあります。これって本当に贅沢!
毎日テレビなどで流れている暗いニュースなどを見ていると、日本の行く先が思いやられるような気になりますが、こうやって普通にある豊かなものに意識を向けると、気持ちのありようも変わってきます。
ただちょっとだけ視点を変えるだけで、こんなに幸せな気分になれるなんて、なんてお得♪ みなさんも、ぜひいががでしょうか?

画像に含まれている可能性があるもの:木、草、空、植物、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:草、木、空、雲、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、草、空、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、草、屋外、自然

心の庭

心は、庭や畑と同じ。

人は庭や畑に種をまきます。

種はやがて芽が出て、成長し、花が咲き、実がなります。

途中、草むしりをしたり、水をあげたり、肥料をあげたり、一生懸命お世話をすると、

きれいな花が咲き、豊かな実が生ります。

あまりお世話をしない庭や畑には、ひょろひょろとした雑草しか育ちません。

咲いたお花も、せっかくの実も、小さくて酸っぱかったり苦かったり・・・。

心も同じだと思うのです。

植物は種から芽生えます。

それは、種なくしてはあらわれることができません。

心の種は「思い」です。

そして行ないは思いの花であり、喜びや悲しみはその果実です。

私たちは、心の庭を耕し、土地を豊かにして、思いという種を蒔きます。

思いを育てるために、お水をあげ、根をしっかり這わせるために摘芯をし、

やがて咲くであろう花を心待ちにして、こころを込めて育てます。

そうやって、ようやく咲いた花に喜び、愛でるのです。

花が実を結ぶためには、いろいろな手助けが必要です。

いろいろな手助けに感謝しながら、実のなるのを待ちます。

そして、できた果実を収穫しつづけて、酸いも甘いも味わい尽くす。

それが心の庭の楽しみ方。

その花が大きくて美しいものなのか、

実った果実が大きく甘くみずみずしいものなのか、

それとも小さくて苦く酸っぱいものなのか、

それは自分自身の思いと行いが決めること。

人生すべては「原因と結果の法則」に則っています。

価値観の違い

柳場 みどりさんがほぼ日刊イトイ新聞さんの投稿をシェアしました。

【価値観の違い】
夫婦間、家族間の食の価値観の相違っていろいろあると思うんですが、食の価値観って結構大切なこと。特に夫婦ではお互い違う家庭に育った他人だったわけで、そうすると話し合ってそこを擦りあわせていかなきゃいけない。

お互いに違う価値観を否定して、自分の正しいと思う価値観を押し付けることがすり合わせではなく、お互いが納得できるぎりぎりのラインに落としどころを探ることが大切。
そして、すべての事柄を真ん中に線を引くわけではなく、ゆずるところは譲る、どうしても譲れないところは譲ってもらうとか、方法はいろいろ。

それにはまずコミュニケーションが取れる関係性をつくらなくちゃね。

これが当時からわかっていれば、離婚はしていませんね~という自虐ネタでもありますが(苦笑)

最近気がついたことは、お互いに「会話」しているつもりでも、会話になっていないということが多々あるということ。
会話ってキャッチボールに似てると思うんです。

投げられたボールを一旦キャッチして、相手が取りやすいボールを投げ返すことがキャッチボールだとすると、コミュニケーションの取れていない会話って、キャッチボールと称して、グローブを持っていない相手に一方的にボールを投げつけるようなことや、ボールを受け取らず、いきなりバットで打ちかえしてしまったり、ボールじゃない巨大な岩を相手ブン投げてしまったり・・・(苦笑)、それで「何で取れないのよ?」怒ってしまう。

キャッチボールとしての会話ができないのであれば、まずそこから始めないと、いきなり食の考えを押し付けても、それは無理。

人は聞きたいことしか聞こえないし、見たいものしか見ません。

まずは、相手のストライクゾーンを見る。どんなボールなら取れるのかを考えて投げる、受け取る、トライ&エラーで練習する。
コミュニケーションって、まず相手を思いやって、相手の意見を「傾聴」して「尊重」することから始まると思います。

「最近、ちょっとした悩みをかかえている。妻が『お肉』を食べようとしないのだ。妻はベジタリアンになったわけではない。魚は食べるし、卵だって食べる。しかし、最近になって牛・豚・鶏を、ほとんど口にしようとしなくなった、という話である。」(「ほぼ日の塾」3期生 へびつかいさん)

受け取ったもの

5月8日 ·

おはようございます♪
今日もとびきりの青空と新緑に、ご機嫌な気持ちで1週間が始まります。

今年は庭木の剪定がイレギュラーで、いつもは花が終わって梅雨に入ってからなんだけど、あまりのジャングルっぷりに4月末にやってみたら、湿気と暑さと虫がない分、とってもはかどりました。これは楽かも♪

いろいろなことにルールはもちろんあるんだけど、そればっかりではなくて、たまには変えてみる(強制的に変えられることに抵抗しない)のも、気づきがあっていいものですね。

先日亡くなった叔父から、みどりの手に合うからって、小ぶりの庭木の剪定用のハサミと革の手袋を貰っていたので、今回初めて使ってみました。とても切れ味が良くて仕事がはかどる。ほんとに感謝です。
「おじちゃん、ありがとね」と空に向かって言ってみた。

人から受け取ったモノや言葉や思いは、すべて愛だと思う。
感謝して慈しんで丁寧に扱って大切にしなくちゃいけない。そして自分のできる精一杯のことを返すんだ。

受け取ったものが大きすぎたり、タイミングが合わなくてもし返せないのなら、くれた人でなくても、ほかの誰かに送るんだ。
それが、受け取ったことに対する責任だと思うの。

画像に含まれている可能性があるもの:犬

風通し

4月24日 ·

【風通し】
庭木を剪定してる経験からなんだけど、私が剪定するときの一番のポイントは「風通し」。
庭師の職人さんはそれに枝振りも考えるからプロなんだけど、しろうとはもちろん、そこまでできましぇん。

そして自分の思考も人間関係も、風通しが悪いと滞る。長く庭にあった木も、風通しと関心がなくなれば枯れていく。

風通しが良くなれば、空いた空間に風が吹く。
そうすると、木々に新しい芽がでてくるように、新しい関係性もでてくる。だから意識して枝を切っていくんだ。風通しを良くするために。

断捨離とか、言葉はいろいろあるんだろうけど、きっと言っていることは同じ。心やお部屋の中に余裕のある空間を作ることが大事なんだろうな。パツパツに詰まってたら新しいものも入らないし、カビも生えちゃう!

手放すことには、執着とかいろいろな感情が出てくるけど、そこは、人間だもの(笑)感情を感じることは、生まれてきた目的のひとつ。
一歩一歩、ひとつひとつ、手放していければいいね。

だってね!棺桶には、物は何も持って入れないんだよ(笑)
持っていけるのは記憶や思い出だけなんだもん。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、雲、屋外、自然

お世話すること、説明すること

【説明する】

「子育て」と「介護」と「犬と生活する」ことは、実は共通点がたくさんあります。

・伝えたいこと、やってほしいことは、繰り返し忍耐強く伝える。
・コマンドは短く(笑)
・過去のことを掘り返して注意しても、わからない。
・同じ口調でがみがみ言ってると、聞かなくなる。
・「ちゃんとして!」は、意味が分からないので伝わらない。

そして、一番の共通点は「お世話する」こと
お世話って、やるほうは「必要なことだからやって当然」と思ってるし、その内容は、手間がかかったり汚かったりで雑になりがち。しかも!されるほうにとっても嫌なことなんだよね。必要なことなんだけど。
お互いに嫌がってたら、そりゃ、うまくいかないわね。

そんな時、生まれたばかりの赤ちゃんでも、認知症が進んだ年老いた親でも、犬でも、お世話をする前(身体に触る前)に、これからやることを説明すると安心してくれますし、「嫌だけど、しょうがない協力するか」とか「お世話かけます」と思ってくれたりします。

「これから歯磨きするね。歯を磨かないと全身に毒が回っちゃうんだよ。そしたら大変になるから、ちょっとイヤだろうけど、ごめんね~」と言いながら、歯磨きする。
おむつ替える時も、「気持ち悪かったね。今から替えるからね」「はい、おしまい!気持ちよくなりました!」などと会話しながらお世話する。
外から帰ってきたとき、犬の足をふくときも、「はい、手、はい、後ろ足。はい、きれいになりました♪ どうぞ」と言って居間に入れる。

もちろん相手はしゃべりません(笑)
でも説明して言って聞かせる。これ大事です。

そして、人は毎回菩薩のような対応はできません(笑)
「何でこういう時ばっかり」とか、怒りが出てしまう時も、もちろんあります。そんな時も「雑でごめん!時間がないの」とか、怒りながらでも怒っている理由を伝える。
「まとめて言ってくれると助かるんだけど」とか、まぁ言ってもしょうがないことでも、言葉にして伝える。

怒った人の無言の作業は、相手にとってものすごく恐怖を与えるものというのは、心に留めておいてくださいね。

画像に含まれている可能性があるもの:犬
画像に含まれている可能性があるもの:犬

身体は食べるものでできています

4月2日 ·

【身体は食べるものでできています】
食の大切さは、人も犬もまったく同じです。自分のため、家族のために食を変えようという気持ちはとても素敵です。

今は、ネットでいろいろな情報が手に入ります。
入り過ぎて情報過多になりがちです。何をどうすればいいのか?何を食べて何を食べてはいけないのか、正しい情報なのかそうでないのか、ものすごく迷うと思います。

そんなとき、エキスパートな方々と自分を比べちゃいけません(笑)
こだわっているみなさんは、専門家以上に知識をもってらっしゃるので、いきなりその水準に達しようとするのは”無理”です(笑)それこそ食べるものが無くなっちゃう。
とにかく、自分の出来る範囲で、継続することが大事。少しずつ、少しずつ、緩く長ーくいくのが良いかと思います。そうすると自分や家族の身体が答えをくれます。

私の場合は、身体に入れる添加物を「減らす」ところからでしたね。今もそうです。
私も主婦なので、もちろん家族の健康が大切ですが、自分のこだわりだけで、食べてくれない食事を提供するわけにはいきません。また食費ももちろん重要。

そこでまず買い物するときに、

①原材料を見ることを習慣づける。
選ぶ基準は、なるべく原材料が少ないもの。読んで一目で意味が解らないものがたくさん入っているものを避ける。
表記のルールは、多いモノ順に書いてあります。
ドッグフードでは、「お肉」が最初にくるものを選んでいました。

②人工甘味料を避ける。
子供がジュースやお菓子などを欲しがるとき、いきなりすべて禁止することはできなかったので、何を一番避けたいかを決める。私の場合は人工甘味料でした。
ドッグフードの場合は、保存料と酸化防止剤を避けました。

③調味料を「ひとつずつ」変えてみる
お塩、お醤油、お味噌、油、だしの素、ドレッシングなど、普段なにも考えずに買っていた調味料の原材料には、びっくりするほど添加物が使用されていたりします。とにかく、原材料がシンプルなものを選ぶ。調味料にも家族の好みなどもありますから、とにかくトライ&エラーで、少量パックを買って使ってみて、継続できるものを選ぶ。

④体の変化を感じる。
小さい変化かもしれないんですが、必ず身体が変わります。それを捉えること。そうすると「これでいいんだ」という自信に繋がります。
ワンコさんの場合は、うんちと毛ヅヤですね。

まずは、食の大切さに気づいた自分をほめてください。
そして、思うようにできない自分を責めず、ゆるーく続けてくださいね♪
必ず身体が応えてくれます。

画像に含まれている可能性があるもの:犬