日々のこと

鹿の骨スープ 作ってます

今回は、みなさんにお届けしている鹿の骨スープが、どんな風に作られているのかをお伝えしますね。

鹿の骨スープ

 


猟師さんから届いた新鮮な鹿肉を解凍します。

 


捌きます。
お肉はミンチやジャーキーに。
骨をスープに使います。

 


捌いた骨を大きな寸胴で煮ます。
アクがたくさん出ます。

 


アクとの闘い(笑)

 


アク取ります。

 


一度、全部空けて、寸胴を洗います。

 


きれいなお水を入れて、

 


再び煮ます。

 


アク出ます。

 


たくさん出ます。

 


アク取ります。ひたすら取ります。
かなり熱いです。

 


また寸胴を空けます。
なべ底にもアクついてます。

 


寸胴を再度洗います。暑くて汗だくなので、
今治ブランドのタオルスカーフ巻いてます(笑)

 


澄んだきれいなスープを作るために、
寸胴をきれいにします。

 


骨の髄のエキスが出るように、
骨を切断して投入。

 


梅酢エキスを入れて4時間以上煮ます。
またアクが出るので、随時とります。

 


一晩おきます。
冷めると脂が浮くので、
これもきれいにとります。

 


漉してから、容器に移して、出来上がり!

これを冷凍してパックして、
みなさまのお手元に届けます。

 

骨髄が溶け出すまでじっくりと煮込んだ、うまみと栄養たっぷりのスープです。
豊富なコラーゲンで毛ヅヤもピカピカに。
水をあまり飲まない愛犬の水分補給に、食欲が落ちてしまったシニア犬に、固形物が食べられない愛犬の栄養補給におすすめです。

 

うちのエドさんも、逝ってしまう直前まで骨スープをおいしそうに飲んでくれました。
動画は、ドライおやつを骨スープでふやかしてあげています。

 

 

●骨髄まで溶け出した濃厚なうまみと栄養
●ドライフードに混ぜて風味アップ
●食欲が落ちてきたシニア犬におすすめ

トレータイプなので使う分だけ切り離して解凍できます。1ブロック約30~35g。

鹿の骨スープは、こちらでご購入いただけます。

 

「鹿の骨スープ」には、犬の健康に良いさまざまな栄養が含まれています。

●グルタチオンで抗酸化
グルタチオンは抗酸化物質のひとつで、肝臓での解毒プロセスの中で大切な役割をしています。体内で脂肪が酸化した時に生じるマロンジアルデヒドの生成を抑える働きがあり、抗酸化作用があると言われています。

●グルコサミンが関節の健康をサポート
「鹿の骨スープ」には、関節の動きをスムーズにするグルコサミンがとても多く含まれています。また、その他にも関節を守る成分であるコンドロイチンやヒアルロン酸などもたっぷりと含まれており、関節の健康維持をサポートします。

●グリシンが体内をきれいに
肝臓の主な働きのひとつに解毒があります。グリシンは、水に溶けにくい物質と結合して溶けやすくする働きがあり、芝生に撒かれた農薬やドッグフードに含まれている化学物質、ワクチンやフィラリアの薬などのたくさん毒素を体の外に排出する肝臓の解毒機能をサポートします。

●健康な腸をつくる
腸の中には何億もの小さな穴が開いており、そこから消化された栄養分が体の中に入っていきます。「リーキーガット」という言葉を聞いたことがありますか?これは、腸の粘膜に穴が空き、異物(菌・ウイルス・たんぱく質)が血中に漏れだす状態のことです。
日本語では「腸管壁浸漏(ちょうかんへきしんろう)」と言います。これらの異物や毒素が吸収されて血液に送られると、アレルギーなどの様々な症状を引き起こすと言われています。
腸は多くの防御システムを備えていて、体のバランスを保つためにとても重要な役割を持っていますが、日常生活の様々な要因でこのバリア機能は崩れてしまいます。
「鹿の骨スープ」には、それらの穴を塞いでくれるプロリンが含まれています。プロリンはゼラチン質に多く含まれているアミノ酸で、コラーゲンを作り出す成分のひとつとして、腸壁の修復に欠かせない物質です。

●健康が詰まった梅酢エキス
梅酢エキスにはクエン酸、リンゴ酸、ピクリン酸、コハク酸などの有機酸や、カルシウム、カリウム、リンなどのミネラル、カロチン、ビタミンB1・B2・Cなど、いろいろな成分が含まれています。これらの成分が疲労回復、食中毒予防、夏バテ防止、整腸作用、老化予防、肝機能の向上、がん予防、高血圧・糖尿病予防など様々な働きをします。

 

鹿の骨スープは、こちらでご購入いただけます。

 

パクチー山盛りガパオ

【パクチー山盛りガパオ】
片品村の野菜直売所に、新鮮なパクチーがあったので購入。

レジのお姉さんは、とてもすすめ上手。

農家さんのお人柄なども含めて、いろいろな野菜を勧めてくれます。

豚ひき肉のガパオに、山盛りのパクチー。

ごはんを炊かなかったので、今日はおそばに乗せました♪

うんまーーい♪

猫のホリスティックケアセミナーを受けて⑥~最終~

猫さんのための学び⑥ 最終

※今回のセミナー参加で学んだこと、犬と猫の比較。私の調べたこと、意見や感想も入っています。

~それぞれの幸せ~

犬や猫などのペットを飼うということは、その子を「看取る」ということが必ず含まれます。
とても辛いことですが、人間より寿命が短い動物を飼うということは、そういうことです。

なので、その子が「生きている間を、どう過ごすか」それが大事です。
ペットロスで後悔しないためにも、死んでしまってから「ああすればよかった。もっとこうすればよかった」と思うことがないよう、

「今、やる」

そうすると、後悔が少し減ります。

そして、病気になったとき。

治療するために病院にいくと思います。
その時に、「ゴールをどこにするのか」を自分の中に明確にすること。

たとえば高齢の子であれば、苦しくないように対処してもらうけど、積極的な治療はしない。という選択肢もあります。
治療はその子にとっても苦しいものです。
体のことを考えたらやったほうがいいけれど、その子の心のことを考えれば「やらない」というのも、1つの選択肢。
でも!絶対に直したい。と思うのであれば、獣医の先生とよく話をして、最善な治療法を施してあげるのも選択肢のひとつ。

犬は、飼い主さんと共有したいという生き物ですが、特に猫は、治療中、信頼関係が崩れてしまうこともあるそうです。
自分の気持ちだけでなく、その子の気持ちを考えて、「ゴールをどこにするのか」を決めることが大切です。

これは飼い主さんが決めることです。獣医さんはそのアドバイスをするだけ。
家族で意見が分かれることもよくありますが、ここもよく話し合えれば、いろいろな後悔が少なくなります。

私の飼っていた犬も、最期は病院には連れていかず家族に囲まれて、私の腕の中で逝きました。(エドさんのご報告)
祖母を看取ったときの、病院に行かず自宅で看取るということもできるんだという経験があったからです。
この犬は、4年前に両足が麻痺して、その時も手術をしないという選択をしました。それからはずっと介護生活でした。(愛犬が病気になったとき)
でもとっても楽しかったですし、幸せをたくさんもらえました。

人はそれぞれ価値観が違います。

「自分で決めて、結果を引き受ける」

ここがブレると苦しいです。逆に、この覚悟さえできていれば大丈夫。

私たちに潤いのある生活をくれる犬や猫。
一緒に楽しく生きていければいいですね。

「猫さんのための学び」全6回シリーズにお付き合いいただき、ありがとうございました。
またいろいろとシェアできればと思います。

———————————————————-

メルマガスタートは少し先になりますが、よかったらご登録くださいね。
  
↓クリックしてください↓

 メルマガ登録ページ 

猫のホリスティックケアセミナーを受けて⑤

猫さんのための学び⑤

※今回のセミナー参加で学んだこと、犬と猫の比較。私の調べたこと、意見や感想も入っています。

~病気の予防対策と病気の見つけかた~

犬も猫も、よっぽどでない限り症状を表現しません。飼い主さんが、早めに気がついてあげるために・・・

●予防対策
・ストレスは万病のもと。散歩や遊びなどで上手にストレスケアをする。
・遊びながら体を触って、変化に気がつくようにする。
・ドライフードよりもウェットフードを。食事で水分補給。
・抗酸化物質やオメガ3脂肪酸を積極的に摂るように意識する。
・化学物質を体に入れないように気を付ける。
→特にニオイけしのスプレーは避けて、そうじには熱湯を使うなど。
→喫煙と腫瘍との関連性を考える。

●病気の見つけかた
・日記をつける
→獣医さんとのコミュニケーションに役立つ(日付など案外覚えていないもの)
→チェック項目は、体重、食欲、呼吸、嘔吐、便、尿など
・吐いたら
→色は?時間帯は?中身は?(異物あるない?)
→吐瀉物や便は、できればビニールに入れて持参する。もしくは写真に撮る。
・食欲不振
→食欲不振には段階がある。急に何も食べなくなるのではなく、①だんだん好きなものしか食べなくなる②好きなものも少ししか食べない③全く食べなくなる。
→多頭飼いの場合、気がつきづらいので注意。

※犬は絶食に耐えられるが、猫は絶食すると肝臓に負担がかかるので、食欲不振に注意する。体重が減ってきたら危険信号。

次回最終

———————————————————-

メルマガスタートは少し先になりますが、よかったらご登録くださいね。
  
↓クリックしてください↓

 メルマガ登録ページ 

道の駅つるに出店

【道の駅つるに出店中】
本日、夏の野菜収穫祭を開催中!
野菜詰め放題もやってます。

猫のホリスティックケアセミナーを受けて。なぜ猫さんのセミナー?

セミナー表紙

「猫ちゃんのためのホリスティックケア 病気の予防対策をしよう!」
Saraホリスティックアニマルクリニック濱田真由美先生のセミナーに参加しました。
全5回シーリーズの第2回め。私は今回初めての参加です。

なぜ猫のセミナーに?
はい、鹿肉のおやつは猫にあげてもいいんですか?とお客様に訊かれることが多いんです。

ペット栄養学の先生には、「鹿肉は犬にもいいんだけど、もしかしたら猫の方が栄養的に合ってるのかもしれないね」と言われました。
ただ、私は今まで猫を飼ったことがなくて、飼い主さんに寄り添った言葉を言えなくて、積極的に猫のことをうたってきませんでした。
でも飼い主さんが健康に良い食材を食べさせたいと思うことは、犬でも猫でも一緒。
ということで、今回のセミナーに参加してみました。

 

まずは、犬や猫など生き物を飼う上で大事なこと。

「かわいいから飼う」「好きだから飼う」
これは私もそうです。動物を嫌いな人はわざわざ飼いませんよね。
でも「かわいいという感情だけで飼うことは、問題が起こりやすい」ということなんですね。

では、何が大切か。

相手を「理解する」「理解しようとする」ことです。
生き物としての人間と犬と猫の違いをまず捉える。
自分の思い込みだけで、過剰に人間として扱わない。

 

たとえば、問題行動と言われている犬の「吠える」「咬む」がありますが、これは犬の本能に従った自然な行動。
でもそれが飼い主さんが容認出来ない行動や、有害な行動と判断すれば「問題行動」ということになります。

犬や猫がする行動は、どんな感情からくるのか?犬が何のためにしているのか?が理解できると、やみくもに禁止するのではなく、それをさせないために歩み寄るなどができると思います。

人が楽しく暮らすために、犬や猫に人のルールやマナーを理解してもらい協力してもらってると考えると、またちょっと見方や捉え方が変わるかもしれません。

猫のセミナーを受けてみて感じたことは、「犬と猫って違う」ということでした。
いや、当たり前といえば当たり前ですが、同じペットというくくりでも、食性や体のつくりやストレスの感じ方などはまったく違うんだなと、あらためて感じました。
犬を飼っていて、猫もかわいいからそのうち飼えればいいなと思っていましたが、犬と同じ感覚では猫にとってストレスになったりするんですね。
知るということは大事です。

今回学んだこと、セミナーを受けてみての感想や考えなどをブログやメルマガでシェアしていきたいと思います。

 

恒例、キュウリ残し

そして毎年、夏の恒例となりましたハクさんのキュウリ残し(笑)
見事だわ。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

コイン精米機

【コイン精米機】
はい、これを知ってるか知らないかで、都会出身か田舎の出身かがわかるという、コイン精米機ですよ(笑)

お友達がモミ付きのお米をくれたので、私も今回初めて使いました。うちは田舎の町中なので、農作業をほとんどしたことがありません。(自慢ではなく自虐ネタ)
ちょっとドキドキしましたが、案外簡単でしたよ。重さで投入金額が変わります。今回は、200円入れましたが、それが合ってるかもわからない(笑)

ちょっと日記的な

【ちょっと日記的な】
少し予定をセーブしようと思っていたのに、なぜかお出かけやイベントが多い6月でした。

お庭の梅が気になっていたけどなかなか手を付けられなかったけど、本日ようやく採れました。梅は梅酒と梅ジュースになる予定♪
3年ほど剪定をしてなかったら、古木が巨木になっていてビックリです。しかも実の大きさがでかい!前は小梅サイズが10個生ればいいほうだったのに、こんなに大きな実がたーくさん生りました♪ すごすぎ! 
でも、さすがにお隣の屋根にかかってしまってご迷惑だし、古木にはちょっと枝が張り過ぎなので、収穫&剪定作業になりました。
切った枝はとても梅に見えない。そしてすごい量。梅って大木になるんですね。木に登って切ったけど、手の届かないところは放置。枝振り最悪(笑)だけど、風通しが良くなって、満足満足♪
でもノコギリとハサミの作業で、右腕と右手が筋肉痛(泣)プルプルしています。

作業の最中に、息子の小学校の時のお友達が遊びに来てくれました。
久しぶりに会った子たちは、すっかり大人になっててビックリ。赤いバイクはCBRで「昔、CBRに乗ってたんだよ」と言ったら驚かれました(笑)

庭仕事が終わって、所用で本栖湖に行って、そのあと道志村に寄ってから帰りました。道志の道の駅から見た夕焼けがきれいでしたよ。

はい、今日もよく働きました♪

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:植物、フルーツ、食べ物
画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、空、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、空、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、バイク