猫のホリスティックケアセミナーを受けて⑤

猫さんのための学び⑤

※今回のセミナー参加で学んだこと、犬と猫の比較。私の調べたこと、意見や感想も入っています。

~病気の予防対策と病気の見つけかた~

犬も猫も、よっぽどでない限り症状を表現しません。飼い主さんが、早めに気がついてあげるために・・・

●予防対策
・ストレスは万病のもと。散歩や遊びなどで上手にストレスケアをする。
・遊びながら体を触って、変化に気がつくようにする。
・ドライフードよりもウェットフードを。食事で水分補給。
・抗酸化物質やオメガ3脂肪酸を積極的に摂るように意識する。
・化学物質を体に入れないように気を付ける。
→特にニオイけしのスプレーは避けて、そうじには熱湯を使うなど。
→喫煙と腫瘍との関連性を考える。

●病気の見つけかた
・日記をつける
→獣医さんとのコミュニケーションに役立つ(日付など案外覚えていないもの)
→チェック項目は、体重、食欲、呼吸、嘔吐、便、尿など
・吐いたら
→色は?時間帯は?中身は?(異物あるない?)
→吐瀉物や便は、できればビニールに入れて持参する。もしくは写真に撮る。
・食欲不振
→食欲不振には段階がある。急に何も食べなくなるのではなく、①だんだん好きなものしか食べなくなる②好きなものも少ししか食べない③全く食べなくなる。
→多頭飼いの場合、気がつきづらいので注意。

※犬は絶食に耐えられるが、猫は絶食すると肝臓に負担がかかるので、食欲不振に注意する。体重が減ってきたら危険信号。

次回最終

———————————————————-

メルマガスタートは少し先になりますが、よかったらご登録くださいね。
  
↓クリックしてください↓

 メルマガ登録ページ 

SNSでもご購読できます。

LINE@

友だち追加

コメントを残す

*