猫のホリスティックケアセミナーを受けて④

猫さんのための学び④

※今回のセミナー参加で学んだこと、犬と猫の比較。私の調べたこと、意見や感想も入っています。

~猫さんと水~

猫は肉食動物です。
「猫ってどんな生き物なの?」のところにも書きましたが、
猫はもともと砂漠の乾燥地帯の生き物なので、そもそも水分をあまり取らなくても大丈夫な体になっています。

でも、これはお肉から水分を補給しているから。

お肉には、65%~70%水分が含まれています。一方ドライフードの水分量は約10%

ドライフードでは、ごはんからの水分が足りません。そして積極的に水分を摂ろうとしないので、水不足になって泌尿器系の病気になりやすい。
少しでもごはんから水分補給させるためにも、ドライフードよりウェットフードをおすすめします。

猫さんにお水を飲ませる工夫として、
・お水の場所に気をつける(変えてみる)
・器を変えてみる。案外コップから飲む子もいるようです。
・流れる水が好きだったりする。蛇口から飲むのが好きな子も。
・なるべく取り替えて、新鮮なお水を置くようにする。水皿のにおいや汚れが気に食わないと飲まない子もいるそうです。
・スープを飲ませる

犬と猫が水を飲むところを超スローで撮ったところ、舌の使い方が違うことがわかりました。
犬は舌を丸めて(下あご側に丸めて)スプーンのようにすくい取って効率よく水を飲む一方、猫は舌をスプーンのように使えない。舌を水に入れ、引き上げたときに舌のトゲトゲについてくる水を飲むというものです。ですので飲む量も少なくなりがち。

猫さんは体の構造的に、水分が足りなくなりやすい生き物です。
飼い主さんは、ごはんやスープなどで上手にフォローできるといいですね。

シカデリカでは、鹿肉のミンチ鹿の骨スープを販売しています。
お水を積極的に飲まない子に、いかがでしょうか?

———————————————————

メルマガスタートは少し先になりますが、よかったらご登録くださいね。
  
↓クリックしてください↓

 メルマガ登録ページ 

SNSでもご購読できます。

LINE@

友だち追加

コメントを残す

*