猫のホリスティックケアセミナーを受けて①

猫さんのための学び①

 

※今回のセミナー参加で学んだこと、犬と猫の比較。 私の調べたこと、意見や感想も入っています。

 

~猫ってどんな生きものなの?~

  • 猫は肉食動物の中でも「真性肉食動物」

犬は人との生活が長いので雑食寄りの肉食に変化しましたが、猫は家畜化されてから歴史は浅いので(犬は15000年前。猫は5000年前といわれている)、遺伝子はほとんど変化がない。依然として太古以来肉食性を放棄していない真性肉食動物です。
真性肉食動物(動物食ともいう)とは、サバンナのライオンや虎のように、肉(筋肉、脂肪)だけでなく、内臓や血、小さな骨までも食べます。
猫は、ネズミや鳥、ウサギ、爬虫類や昆虫なども食べます。一番理想的なのは、生きた動物を捕らえて、まだ温かいうちに食べること。猫が自ら捕まえ食べる獲物は、猫の完全な栄養食となります。
一物全体の考え方と同じですね。

 

猫の外飼いの方からお話を聞くと「ご主人、フレッシュでっせ」と、獲ったばかりの獲物を見せに来てくれる猫さんも多いそうですが、そういうことだったんですね。
売っているもので代用となるのは、ピンクマウスでしょうか。ピンクマウスとは、他の動物の餌用に売られている冷凍のネズミの赤ちゃんのこと。主に爬虫類、猛禽類を扱っているショップにおいてあります。
以前、ヘビを飼いたくていろいろ見てたんですが、ヘビのごはんはピンクマウス。これを冷凍庫に入れることにちょっと抵抗があってあきらめました。
うーん、猫さんがピンクマウスを食べる図。なかなか受け入れがたいかも。

 

  • 猫と人とは、食性や栄養代謝のシステムが違うために必要とする栄養素の量が大きく異なります。

※食性・・・動物が食べる食物の種類や習性
※栄養代謝・・・外部からとり込んだ栄養素が体内で起こすさまざまな化学反応のこと。
炭水化物やたんぱく質などの栄養素を吸収し、生きていくために必要なエネルギーを作り出して消費するための一連の仕組み。

 

昔、ごはんにおかかをかけ猫まんまを猫さんにあげていた時代は、ネズミを捕ってみずから栄養不足を補っていたという説が有力。
今は完全室内飼いの猫さんも多いので、栄養に気をつける必要があると思いました。
また魚は海に囲まれた日本だからこそ食べてるけど、本来猫は小動物を食べる生き物。魚ばかりだと足りなくなる栄養があるようです。

 

  • お肉は高たんぱく低炭水化物。水分の含有量が多いのが特徴です。お肉の65~70%が水分。
    カリカリのキャットフードは、だいたい10%以下。積極的にお水を飲まない猫さんは、カリカリのキャットフードだけでは、水分が足りません。

水分不足が原因で起こる病気がありそうです。

 

そして先ほど書きましたが、猫さんは真性の肉食動物。
下記の画像のキャットフードの先頭に書かれている食材は、ほとんどがトウモロコシなどの穀類。

・・・・あれ?お肉じゃないの?

 

このキャットフードの画像は、某ホームセンターで売っていたものの裏表示です。
10種類あるうちの、1つだけが一番最初に「肉類」となっています。(肉の内容はともかく)
原材料の表示のルールは、材料の多い順ですので、一番最初に入っているものが一番多く入っている原材料です。

 

—————————————-
メルマガ始めました。

このメルマガでは、ワンコさんや猫さんとの生活が
ますますおいしく楽しくなるような
そんなメルマガをお届けしたいと考えています。

またお役立ち情報や、シカデリカのお得情報、
食に関する知識など幅広くお届けします。

<!– BEGIN: Benchmark Email Signup Form Code –>
<script type=”text/javascript” id=”lbscript972645″ src=”https://www.benchmarkemail.com/jp/code/lbformnew.js?mFcQnoBFKMTO%252FLYxPTYMm%252BZXUawFafLCaCUDp7SS9GEJKuq5YEc%252Feg%253D%253D”></script><noscript>Please enable JavaScript
</noscript>
<!– END: Benchmark Email Signup Form Code –>

SNSでもご購読できます。

LINE@

友だち追加