【成長ホルモン】
米国やカナダといった北米産の牛肉には、肉牛を育てる初期の段階で成長ホルモンを投与し、通常よりも短期間で身体を大きくするのが普通だそうです。

天然の鹿には、もちろん残留の成長ホルモンはありません。